ウルガルゴン

0 0
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウルガルゴン

びぶおふで使用したPTをある程度納得できる形に纏められました。
「最強の剣であるガルーラ」+「最強の盾であるポリゴン」+「一貫する格闘を含む広範囲への誤魔化しが効くゴツメウルガ」の並びをメインに、周りを自分の好きな勝ち筋で固めた感じ。

・ガルーラ@ナイト
ねこだまし/ふいうち/じしん/すてみタックル
意地AS
「ウルガルゴン」の「ガル」担当。
リザが重いので猫不意、ドランが重いので地震を採用。
ガルーラはグロウ持ち信者でしたが、物理受けへの勝ち筋が厚いPTなのでこの貧弱構成で良いと思います。

・ウルガモス@ゴツゴツメット
はねやすめ/ちょうのまい/おにび/ほのおのまい
191-x-104-156-134-138
HP16n-1
意地メガガルの猫+火傷捨身を確定耐え
臆病C252メガゲンのヘド爆を高乱数2耐え
1舞で最速135族抜き
「ウルガルゴン」の「ウル」担当。
以前の個体からの変更点としては、最速80族がほぼ居ないことからSをメガミミロップに役割が持てるラインまで落とし、ゲンガーへの後出しがより安定するようDに厚くしました。炎技を放射から炎舞にしたのは、クレッフィとかの身代わりを壊しながら積めるのが強そうだと思ったからです。確定数が変わる相手も思い付かないし、放射で火傷を引いて負けた試合もあったので間違ってはないと思います。
物理受けでありながらゲンガーやガルドに強いのが強いです。(強い)
B方面の数値が足りないので、炎の体が発動しないと受け切れない。みたいな場面も結構ありますが、倒されたら倒されたで裏のポケモン(主にガルーラ)の圏内に押し込んだと思いましょう。火傷を引ければそのまま完封して相手がキレます。
本来はガルーラの相性補完と、繰り出すだけでゴツメダメ(+火傷)を与えられる最強のクッションというのが役割ですが、羽休めを持ったウルガに薄いPTが多いのでこいつが積み切って勝ってしまう試合も少なくなかったです。

ポリゴン2@しんかのきせき
じこさいせい/ほうでん/れいとうビーム/イカサマ
図太いHB
「ウルガルゴン」の「ゴン」担当。
冒頭ではガルーラポリゴン+ウルガみたいな書き方をしましたが、実際はガルーラとウルガのサイクルを安全に回すためのクッションとしての採用なので、ウルガルーラ+ポリゴンみたいな関係性になります。
どうやってもつらいラム持ちドラゴンやギャラドス、アロー辺りに対する安牌枠でもあります。
あまり選出はしないけど居るのと居ないのとでは選出画面での安心感が段違いです。

ヤミラミ@きあいのタスキ
じこさいせい/おにび/ちょうはつ/メタルバースト
図太いHB
積みエースに弱過ぎるので襷ストッパーとして採用。ついでに暴れてくれそうな雰囲気を出している。
初めて買った†バトル奥義†を参考にしました。
詳しくは自分の目で確かめてみてくれ。

マリルリ@オボンのみ
はらだいこ/アクアジェット/はたきおとす/じゃれつく
180-112-111-x-101-87
HP4n
意地鉢巻ガブの地震を最高乱数以外耐え
太鼓後にC4サンダーのVCを最高乱数以外耐え
S4ハッサム抜き
以前の個体から若干Sを落とし、サンダー対面でワンチャンが生まれるようにしました。
バシャやウルガがとてつもなく重かったので採用。個人的にこのポケモンの勝ち筋はすごく好きです。
マリゲンならぬマリラミの並びは中々強かったです。ゲンガーにメガ枠を使わないのでガルーラも同時選出できるのは良いですね。

・ジャローダ@ラムのみ
へびにらみ/ちょうはつ/めざめるパワー/リーフストーム
V-x-V-U-U-V(めざ地)
159-x-116-118-115-181
HP16n-1
無振りスイクンの冷bを確定2耐え
最速
カバとスイクンが嫌いので適当に入れました。
一応耐久起点からの勝ち筋。ガルーラが貧弱構成なのであの筋のポケモンが見えたときは結構選出します。
ジャローダ自体は良いけどめざパのタイプは要検討かもしれないです。


結果も糞もないですが、一応まともな方とのフレ戦で10戦程度して全勝。
レートを最終日とその前日に十数戦して運負けが1回、残り全勝。
そんな感じでした。もう飽きたので多分使いません。
ページトップ